Recent Posts

1489/1000 上米野公園(名古屋市中村区)

4:00 Add Comment
上米野公園は、名古屋駅西口から500~600メートルほどしか離れていない割には古い低層住宅が多い地区にある小さな児童向け公園です。
三方を建物に囲まれて、一方向だけで道路に接する構造なうえに、開口部も限定されているため、やや閉鎖的な印象を受けます。が、これも子供たちの安全な遊び場づくりのためには必要な構造だとも言えます。

1488/1000 山吹谷公園(名古屋市東区)

4:00 Add Comment
山吹谷という古い地名を残している公園ですが、周囲はすっかり平らになっており、どこが谷だったのかはよく分かりません。
それでも公園内は北が一段高く、南が低い地形になっているので、これが僅かに残った谷の名残なのかも知れません。

1487/1000 七小公園(名古屋市東区)

4:00 Add Comment
こちらの公園は七小公園というので、隣に第七小学校でもあったのかと思いましたが、旧町名が「七小町(ななこまち)」であるようです。
当然のごとく、すましたキリンのマークの電子マネーとは関係ありません。
(株)セブン・カードサービスのサイトより引用して表示
http://www.nanaco-net.jp/

1486/1000 向柳原児童遊園(東京都台東区)

4:00 Add Comment
旧・向柳原町、現在の浅草橋2丁目にある向柳原町児童遊園は、「コタツのまわりの手の届くところ~」みたいな詰め込み具合が魅力的な狭小公園です。
写真がゴチャゴチャしていて少しわかりにくいですが、下の写真で手前の柵から奥の白い建物の間、右手の道は含まれていない範囲が公園で、資料によれば面積は104平米。

1485/1000 田原公園(東京都台東区)

4:00 Add Comment
田原公園は世界中からの観光客で賑わう浅草の雷門から直線距離で300メートルほど離れていますが、その名も雷門1丁目にある小公園です。
たまたま夜に通りがかったもので、本ブログにしては珍しく夜の公園の写真で紹介します。

敷地はざっくり400平米ほどで、さほど広い園内ではありません。
写真で奥に見えている明るい所は隣りにある田原小学校の校庭で、公園の入口からものの10メートルほどで小学校に入ってしまうので、校門前の前庭のような雰囲気すら漂います。

1484/1000 地蔵橋東児童遊園(東京都千代田区)

4:00 Add Comment
地蔵橋東児童遊園は、JR神田駅から東へ400メートルほど離れ、首都高の高架がのしかかって来る昭和通り沿いにある小さな児童遊園です。
昭和通りの反対側には地蔵橋西児童遊園もあるようなのですが、片側3車線の上に間に首都高の出口まであるのでまったく見ることができません。


1483/1000 土山町中公園(神戸市灘区)

4:00 Add Comment
No.1482でも登場した灘区土山町は、市街地では一番上の山沿い部分にあたり、隣接する御影山手が住宅地として開発された後も、崖地の残存緑地のようにボンヤリした土地利用が多いところでしたが、昭和の終わりごろから斜面開発型のマンションが建つようになりました。
そうしたマンション開発に際しては、開発事業者が整備して市に寄付する「開発提供公園」が作られるものなのですが、それにあたると思われる土山町中公園がエラいことになっていました。

地形図で見ると、出入口の標高は130~140メートルくらいで、尾根沿いの眺めの良いところにあります。しかし公園本体は、この階段を下りていった崖下にあります。