2018年2月22日
2018年2月21日
サイ型3~揺れる動物

あまり見かけないサイ型の揺れる動物。本ブログでも、まだ3例目です。 「ひとたび突進状態に入れば乗用車くらいひっくり返してしまう」と言われるサイの走る姿を巧みに再現しています。 でも、サイの鼻ってこんなに切れ長ではないですよね。

2018年2月20日
2018年2月19日
1719/1000 中島通公園(神戸市中央区)

中島通は神戸市中央区の東端に位置する町名で、海抜100メートルくらいの山麓部なのに「中島」と川の中のような名前がついた町です。 そんな中島通にある中島通公園は、北側に隣接するマンション開発に伴ってつくられたと思われる細長い公園です。

2018年2月18日
1718/1000 ひのき広場(神戸市灘区)

ひのき広場は、阪神・淡路大震災からの復興土地区画整理事業の中で整備されたポケットパークです。 所在地の灘区は、海岸沿いの埋立地を除いて区全体が斜面地なので、こんな小さな公園でも上下二段に切り分けられています。

2018年2月17日
1717/1000 琵琶町公園(神戸市灘区)

JR六甲道駅にほど近い琵琶町公園は、阪神・淡路大震災からの復興土地区画整理事業の中で整備された面積約2,000平米の小公園です。 周囲の街路と一体となって色々なところから出入りのできる構造は、震災復興でつくられた公園に多いパターンです。

2018年2月16日
1716/1000 岸地通公園(神戸市灘区)

岸地通公園は、灘区を流れる都賀川の西岸、山手幹線の南にある住宅地の中の小公園です。 灘区は全体的に斜面地が市街化されているので、この公園も山側と浜側とで数10センチの高低差があるところをエントランスの階段で処理しています。

2018年2月15日
1715/1000 城の下公園(神戸市灘区)

神戸市灘区の町名「城の下」は、鎌倉時代末に 円心赤松則村 が立て籠もって 六波羅探題 の軍勢を打ち破った摩耶山城の下にあることから付いた地名だと言われます。 そんな城の下通でも最上部、六甲山の森まであと15メートルくらいの場所に城の下公園があります。

2018年2月14日
1714/1000 青谷町公園(神戸市灘区)

神戸市灘区を南北に貫く青谷川は、標高702メートルの摩耶山中腹に源流を持ち、直線距離にすれば約3.3kmの短い区間で標高差350メートルを駆け抜けるという急峻な川です。そして、そんなに短いのに上流部では青谷川、下流部では西郷川と別々の名前で呼ばれています。 yahoo!地図...