日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2016年12月29日

1369/1000 本能公園(京都市中京区)

0 件のコメント :
言わずと知れた「本能寺の変」の本能寺ですが、5年ほど経ってから豊臣秀吉が戦乱で焼け野原になっていた京都市街を再建するにあたって東の方に寺町を造ることとなり、本能寺も場所を移して再建されます。
織田信長が宿としていた頃の本能寺があったのが、現在の本能寺町付近で、そこに本能公園があります。

ちなみに、公園から南へ100メートルほど離れたところに「元本能寺町」があり、さらに100メートルほど南には発掘調査に基づく「本能寺跡」の石碑があったりもしますので、公園が本能寺跡というわけではなさそうです。

と言うことで、現在の本能公園はとりたてて歴史性を感じさせることはない児童公園仕立ての内容となっています。開園も1999年(平成11年)で、1940年代の公園が多い京都市街地では新しい方の部類です。
ちなみに公園の道向かいにある齋造酢店は200年以上の歴史を持つ老舗だそうです。まったく京都ってやつは...

敷地は変形の鍵型をしており、角の部分が広場に、辺の部分は幅広の通路のような仕立てになっています。
下写真は、冒頭の出入口からもう少し中に入ったところ。

こちらは、もう一方の辺の部分から広場の方向を見たところ。混み合った市街地の変則の敷地条件の中で、防災や利用の面を考えてなんとか2方向での出入口を確保しようとした苦労の跡がうかがえます。

遊具はブランコと鉄棒、その他施設はパーゴラ、ベンチくらいで、施設内容は地味めです。

周囲は、元々は染め物屋などの多い一角だったようですが、町家建物がマンションに建て替わって来ており、狭い広場を圧迫するように迫っています。
一方で、それによって人口構造に変化が生じて、公園の役割・性格も少し変わってくることに繋がりますので、これからが面白い本能公園でした。

おまけ.
2016年のヒット作エグスプロージョンの「踊る授業シリーズ 本能寺の変」

(2016年6月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿