1013/1000 景丘公園(東京都渋谷区)

4:00
影丘(かげおか)公園は、JR恵比寿駅から歩いて2分、恵比寿ガーデンプレイスの道向かい、すなわちNo.1012 アメリカ橋公園のすぐ横にある小公園です。
No.1012で触れたように、この付近ではエビスビールの工場(下写真)のイメージに合わせた煉瓦造デザインが公共施設に多用されており、ここ影丘公園も随所に煉瓦が取り入れられています。

すなわち門柱は煉瓦。

トイレも煉瓦。

アートパーゴラの外周部も煉瓦。
影丘公園のことに詳しいサイトによれば、アーチはビール工場で使われていた鉄骨を再利用したものだそうです。

そして四角いパーゴラの柱も煉瓦です。
ちなみに奥に見える消防署は、ファザードだけ煉瓦に見えなくもないタイルを貼り付けていますが、奥に回るとコンクリートの打ちっ放しです。

空間的には道路に面した入り口から入ると、まず広場があって、一番奥に街区公園にしてはやや大ぶりな複合遊具が1基あるという構造です。

ただ、「樹木を増やしたい」気持ちと「遊具は大きめに」という気持ちとがぶつかり合っていて、複合遊具の1/3くらいが植栽スペースに食い込んでいるのが気になりました。もう少し余裕を持たせたほうが、植栽も遊具も管理しやすくなるのですが。

まぁでも、子供たちはそんなこと気にしないで元気に走り回っていたのでよしとしましょう。

(2015年3月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »