2167/1000 六号通り公園(東京都渋谷区)

2019年7月7日

狭小公園 渋谷区 東京都

t f B! P L
No.2165 本町ずい道公園の記事で引用した、国土地理院の1909年(明治42年)の地図ですが、堤状に築かれた上水路に対して橋やトンネルで直交するように、何本かの道路が通っています。
上水路がつくられる以前からの道、それ以後につくられた道など色々あるのでしょうが、この直交道路の数には限りがあるため、号数で呼ばれていたようです。
赤丸はNo.2165 本町ずい道公園の位置
六号通りは、一本西にある橋で水路を越えている道

そんな経緯があるらしい六号通りに面して...と言いたいところなのですが、実際は六号通りとの交差点からは50メートルくらい離れたところにある六号通り公園。
どうしてこうなったのかは、調べがついていません。
そして小さな園内も、どうしてこうなったと言いたいような謎の施設があります。

179平米の園内には、トイレと手洗い、ベンチ、植栽などがあります。
普通、こういうシンプル構造なら、出入口正面にはシンボルツリーとして見栄えのする花木を置きたくなるところ。

しかし、ここではその代わりに、なぜか一本の棒が立てられています。

見間違いかと思って何度も見返してみましたが二脚支柱で支えられているのは、間違いなく、ただの「棒」。
枯れたスギというわけでもなく、多少呼び方を変えてみても「細丸太」。
意味あいについて考えた結果としては「旗竿」。神社なんかで、年中こうした旗竿を立てている例はあるかと思いますが...

どうしてこうなったのか知りたいことばかりの六号通り公園でした。

(2019年6月訪問)

ブログ内検索 Search

地図 Map

ラベル Label

アーカイブ Archive

作者プロフィール Profile

Facebook Page

QooQ