日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2017年7月2日

1512/1000 南小田公園(川崎市川崎区)

0 件のコメント :
No.1510 小田公園よりは北にありますが、名前は南小田公園。街区の中を貫く細長い公園です。
商店街に面した東側の出入口は、飛び出し防止の意味もあってか、まず花壇やクスノキの植栽などがあり、城の虎口のように曲げた園路を通ってから広場があります。

広場部分はこんな感じで、15メートルほどしか無い幅を最大限に活かした構造になっています。
訪れたのは冬の午後でしたが、南にある住宅が2階建てのところは広場の半分ほど、3階建てのところは広場の2/3ほどが日陰になっていて、少し寒々しい感じがしました。

敷地内の西寄りの部分に滑り台、ブランコ、砂場などの遊具があります。

やじろべえ式のシーソーは、少し珍しいですね。
小学生くらいになると、たいていは座席部に立ったり、アーム部にしがみついたりして遊んでいると思います。

敷地の西端から園内を振り返ったところ。
細長い敷地を頑張って活かしている南小田公園でした。

(2017年1月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿