日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2017年2月6日

1396/1000 豊崎西公園(大阪市北区)

0 件のコメント :
大阪市北区の町名「豊崎」は、この付近に飛鳥時代の孝徳天皇が築いた難波長柄豊碕宮があったと考えられていたことに因むものですが、後の発掘調査によって、それはNo.162 難波宮跡公園にあたることが確実視されています。
ですので由来がなくなってしまったわけですが、だからと言ってこの地が豊崎でなくなるわけではありません。

しかし、大阪の中心地である梅田駅からも徒歩10分ほどであり、地区に隣接する地下鉄駅が中津駅なため、豊崎にあるホテルやマンションは「梅田」「北梅田」「中津」などと名乗ることが多く、豊崎は影が薄めです。
そんな時でも地区の名前を残しがちなのが公園名で、地区内には豊崎東、西、南、北、中の5公園が健在です。本日は、そのうちの豊崎西公園。でもきっと、近所の人からは「タコ公園」と呼ばれてるであろうことは想像に難くありません。

ちょっと艶のある赤ペンキが、タコ感を高めています。

ペンキの色もいいですね。ピンクや青のタコもダメではありませんが、やっぱり正統派は赤のタコでしょう。

さて、敷地全体を見渡すと、タコのほかはそれほど印象の強い物件はありません。
あえて挙げれば、パーゴラの下のベンチが無くなっていることくらいでしょうか。

おそらくはコンクリート製のベンチだったと思うので、それだけが壊れて撤去されるほどの状況というのが今ひとつ想像できません。

そのほかに、遊具としては砂場、ブランコ、幼児向けのバケット式ブランコ、滑り台などがあります。

ビルの谷間にタコ。
意外に外国からの観光客にもウケる風景のように思う豊崎西公園でした。

(2016年7月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿