1186/1000 六甲町公園(神戸市灘区)

4:00
まだ記事が二桁台だった頃に、阪神・淡路大震災からの復興区画整理事業で作られた No.69 六甲風の郷公園(六甲道北公園)を訪れました。
この事業では、同じ地区内にいくつかの小公園・ポケットパークも作られているのですが、その中の一つが本日の六甲町公園です。

数段だけの階段を上ったところが芝生敷の遊具広場になっており、フェンスで仕切られた奥半分くらいは土敷の広場になっています。

遊具広場で目立つのは幼児向けの複合遊具。全体的に緩め・低めにつくられています。


奥の広場は、「せせらぎ公園」というサブネームを持っています。

れは、この小さな水路を備えているからでしょうか。
とは言え水源は手回し井戸のようですから、汲み上げないことにはせせらぎになりません。

遊具広場とせせらぎ公園、少し性格の違うものがフェンスで隔てられているので、設計サイドは子供の年齢や遊び方などによって両方を使い分けるよう意図したのだろうと思うのですが、間のフェンスを使ってバドミントンをしている人もいて、なかなか考えた通りにはならないのが公園の面白いところです。

おまけ。
公園から徒歩1分のところに、謎の九龍城があります。
見たところ、取り立てて怪しいところもない2階建てのコンテナハウスなのですが、詳細は不明。商品の看板が付いているので、この「タヒボNFD」という商品を販売している事務所なのかも知れません。
入口に「来来」って書いてあるけど、入りにくい~

(2015年11月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »