1169/1000 仲間港緑地(沖縄県竹富町)

4:00
仲間港緑地は、西表島の玄関口である仲間港にある広場です。

西表島には空港がないので、石垣島の石垣港離島ターミナルから高速船に乗って約35~40分で到達します。その高速船が到着するのは、東海岸の大原港(仲間港)と北海岸の上原港(船浦港 上原地区)の2ヵ所です
上の文章で港の名前をかっこ書きにしてあるのは、大原集落に隣接する大原港は県管理港湾として「仲間港」が正式名称、上原にある上原港は「船浦港 上原地区」が正式名称で、すこし南に「船浦港 船浦地区」も存在するからです。

ただし航路名などは、すべて「大原港」「上原港」と表記されますので、私も「仲間港緑地」を見つけた時は、自分がどこの港にいるのか確認してしまいました。

基本的には円形の芝生広場の周りに、大きな東屋、トイレ、遊具(だったもの)を配置園路でつなぐという格好です。

この東屋がやたらと大きくて、同時に100人くらいが雨宿りできそうです。
陽射しが強く、台風も多い南島ならではのものだとは思いますが、すぐ隣にある港のターミナル施設は冷房完備ですので、たいていの大人はそちらに行ってしまうようにも思います。

東屋の横にある冠木門のようなものは何かと思いましたが、横にNTTのプレートが貼ってあったので、電話ボックスの残骸だと気づきました。

遊具は、木製支柱のターザンロープとブランコが設置してあったようですが、どちらもぶら下がる部分が外されており、支柱だけになっていました。
支柱が妙にしっかりしているだけに、まだよじ登ったり横木に座ったりして、なんとか遊びに使える気がする仲間港緑地でした

(2015年9月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »