1161/1000 村富公園(相模原市中央区)

4:00
相模原市役所の近くに「村富神社」があります。
この一帯は江戸時代に開拓されて新しく村が作られた地区で、この際に村の鎮守として創建されたのがこの神社ですので、その名の通り、新しく開いた村が富み栄えることを願って建てられたのでしょう。
したがって、村山富市・元首相はなんの関係もありません。
首相官邸HPより引用して表示

それはさておき、村富神社の南側に隣接して、村富公園があります。
すぐ隣に保育園もあるためか、園名板はタイル画を使った明るいデザインのものになっています。

さほど広くはない園内に、意外に面白い遊具が何点か置かれています。

目立っているのは飛行機型の遊具。「乗ってよし、登ってよし、ぶら下がってよし」で、色々な遊び方ができます。

機首の部分は、太陽の塔を髣髴とさせるデザインになっています。

飛行機よりは新しい複合遊具は、滑り台、パイプのトンネル、雲梯、ラダーなどが組み合わさっています。

これは何と呼ぶべきなのでしょうか、幼児向けの遊具ですね。飛び石渡りのように、ステップの部分を歩いて遊ぶのでしょう。

公園の北端には村富神社との出入口もあって、散歩の人が通り抜けていく様子も見られました。

花壇も綺麗に花で飾られており、地域の方々に愛されている様子が伝わってくる村富公園でした。

(2015年11月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »