日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2016年2月11日

1119/1000 芝大門二丁目児童遊園(東京都港区)

0 件のコメント :
JR浜松町駅の南側に、古川という川が西から東へ東京湾に向かって流れています。上空は首都高の都心環状線に覆いかぶさられていますが、ずっと遡っていけばNo.1015 でも登場した渋谷川に繋がっている川です。
その古川を旧東海道(第1京浜)が渡る橋が金杉橋で、この金杉橋の橋詰、両岸・道の両側で計4ヵ所のうち3ヵ所が児童遊園になっています。
そのうちの3つめ、芝大門二丁目児童遊園です(1つめはこちら2つめはこちら

児童向けの遊具が何点か設置されており、3つの児童遊園の中では、いちばんハッキリと児童向けの施設構成になっています。

メインは、こちらの滑り台と雲梯の複合遊具。
滑り台も、雲梯も波打っています。

これは小ぶりな登攀遊具。この写真では少しわかりにくいですが、持ち手になる突起部が数字の形になっており、就学前の幼児でも楽しめるようになっています。

防災用の施設も導入されています。
手前の四角いのはトイレに早変わりするスツール、奥のベンチは下部が物置になっていてスコップやバールなどの防災器具を保管できるものです。

いちおう橋詰広場ならではの通り抜け機能もあるのですが、園内を露骨に斜めに横切る園路があるわけでもなく、公園としての体を保っている芝大門二丁目児童遊園でした。

(2015年9月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿