日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2015年9月13日

1052/1000 白滝公園(静岡県三島市)

0 件のコメント :
No.1051の菰池公園から流れ出る桜川という小川に沿い、200メートルほど南に下ると白滝公園があります。ここも、1万年以上前に富士山から流れ出た三島溶岩流の先端から伏流水が湧き出る「水の公園」です。

なにしろ、案内図の半分以上が「水」です。

川と公園の境目は確かにあるのですが、川と言っても普段は大人の膝下くらいまでの浅さなので、川も公園と一繋がりの水遊び場みたいなものです。

実際の園内の様子はこんな感じで、あちこちに水が流れています。

おそらく、これが「白滝」と呼ばれる湧水なのでしょう。
小さな崖の隙間から、滔々と水が流れ出しています。

公園の一角には、アニメ調の人形というかモニュメントがあり、井戸を操って水の豊かさを誇っています。

■めぐみの子たちへ
君たちは、道行く人々の“ひとときのやすらぎ”を願い
いつまでも三島の水と緑を守るため生まれてきました。
やさしい願いがかなうまで、私達は君たちを守り続けます!
創立45周年記念  三島商工会議所 工業青年クラブ

また公園の外になりますが、すぐ隣にある白滝観音堂は川の上に建つ水上建築になっています。
周囲にまったく土地が無いわけでもないのでしょうに、素晴らしいまでの「水」への拘りです。

ここまで水ばかりならば、思い切ってそれだけで押し通して欲しい感もあるのですが、唯一の遊具はゾウ型の複合遊具。

長い鼻がパイプ滑り台になっているのかと思いきや、中に普通の金属製の滑り台が通っているのは予想外でした。

三島市による公園紹介ページ

(2015年7月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿