日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2015年3月2日

944/1000 仲の浦公園(沖縄県浦添市)

0 件のコメント :
浦添市の宮城仲西土地区画整理事業で生まれた宮仲、宮の浦、仲の浦の三兄弟公園。今日は仲の浦公園を訪れます。ちなみに三兄弟と書きましたが順不同です。

宮仲、宮の浦の2公園は段差のある敷地構造や遊具内容、園名板までよく似ていたのですが、仲の浦公園は少し違っています。
園名板も、ずいぶん違っています。三兄弟の中でも、一人だけ年が離れた末っ子みたいな感じでしょうか。
宮仲、宮の浦 両公園の園名板

敷地も、園内に段差がないフラットな構造になっている点が違っています。
ここは草敷きの多目的広場が広がっている端っこに、小さく遊具広場がくっついているような格好です。

遊具はブランコと、砂場の中の滑り台、そして捻りの入った登攀遊具。

ブランコは古びており、下にあるラバーマットも蹴飛ばすと動いてしまうような状態でしたが、おそらく近いうちに更新されるものと思われます。

こういう変わった形の遊具は、なんと呼べば良いのか迷います。

やはりフラットで道路からの見通しが良い方が利用が多く、結果として愛着も増すのでしょうか、きれいな花壇が作られていました。

ここも訪れた時はフェンスの工事中で、古くなったものが一端取り払われていましたが、意外に「なくても行けるんじゃないの?」という気がしました。

きっと今頃は工事も終わって、また少し違った姿になっているであろう仲の浦公園でした。

(2015年1月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿