日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2014年8月16日

761/1000 御旅公園(神戸市兵庫区)

1 件のコメント :
神戸の中心地にある生田神社御旅所が、隣の兵庫区にあります(兵庫宮御旅所)。この御旅所の隣にあるのが、御旅公園です。ちなみに神戸市では東灘区にも御旅公園がありますが、そちらはJR住吉駅の近くにある元住吉神社の御旅所です。

さて兵庫区の御旅公園。幹線道路沿いの区画されたブロックにあり、ブロックの1/3ほどが御旅所(神社)、2/3ほどが公園になっています。
公園は全体が土敷きになっており、その中ほどに桜などの植栽があって、大まかに広場と遊具広場とが分けられています。

遊具広場は、古めの鉄パイプ製の滑り台やラダー遊具、ブランコ、鉄棒などが並ぶ中に、ひとつだけ今風の複合遊具が置かれています。

美しいのはこちらの滑り台。まったく同じモデルを2つ並べてあるのですが、赤・緑・黄の3色のペンキで2つの滑り台を上手に塗り分けており、園内でもよく目立っています。
当初は両方同じ色だったと思うので、塗り直しの際の担当者さんの技ありです。

公園と神社の間には開口部があり、両方を自由に往き来することができます。
それだけに神社の側にはご苦労が絶えないようで、このような注意書きがありました。
言いたいことは冒頭の「神社では遊ばない」の一言に集約されるわけですが、当然それでは物足りず、たくさんの注意事項が並びます。
その中で、語尾が「ない」、さらに一行ごとに「遊ばない」になっているところが、注意書きに適度なリズムを与えています。欲を言えば6つめも「花や木をいじめない」くらいにしてもらえば、より韻を踏んで良かったかも知れません。

神社の境内には阪神・淡路大震災の復興記念碑があります。
日時計で地震が起きた午前5時46分を示すという、けっこう斬新な手法は、祭神が太陽の女神・稚日女尊(わかひるめのみこと)だからだとか。

夏が近づくと毎週土曜日には夜店も出るという御旅公園。
子供たちの姿も多くて、活気のある公園でした。神社での遊びはやめておこうね!

阪神・淡路大震災モニュメントマップはこちら

(2014年6月訪問)

1 件のコメント :

  1. 東灘区の御旅公園も記事になりました
    ●No.926 御旅公園(神戸市東灘区)
    >https://nippon1000parks.blogspot.jp/2015/02/9261000.html

    返信削除