日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2013年9月8日

454/1000 軽井沢公園(横浜市西区)

0 件のコメント :
横浜駅から歩いて15分ほどのところに「軽井沢」という地名があります。現在の町名では、西区北軽井沢、南軽井沢にあたります。
近くには浅間山の神様を祭る浅間神社もあって、避暑地で有名な長野県の軽井沢との共通点も感じられますが、とくに具体的な関係があるわけではなさそうで、どちらも地形条件などから付いたもののようです。
横浜市西区のホームページ(区の町名とそのあゆみ~か行の町名~)では、北軽井沢について次のように紹介しています。

柳田國男が「地名の研究」の「地名考察」に「カルイザワは涸渓の義で吉田博士も水源枯渇の渓頭の意味としているが、この説は事実と合わない。サワとはもともと水ある谷のことである。それならば軽井沢の元の意味はどうかというと、荷をカルワという動詞の連体言カルイであろうと思う。カルウは普通の辞典には見えないが背負うという意味の中古の俗言である。」と述べているが、最近の地名研究では水の枯れたサワの「カレイ沢」説が有力になっているという。

さて、南軽井沢にある軽井沢公園。
交通量の多い幹線道路から少し中に入ったところにあり、谷地・斜面地の林に囲まれているため、思いがけず落ち着いた雰囲気のある公園です。このあたり、さすがは軽井沢と言うべきでしょうか。
軽井沢公園(横浜市西区)

崖裾の緩傾斜地にあるため、公園内は大きく2段に分かれています。
上段は遊具広場で、やや古めの遊具が多いのですが丁寧に管理されています。
軽井沢公園(横浜市西区)

新しいのは、このやたらと細長い複合遊具。写真の右端から順番に進んで、左端の滑り台を滑るのは、けっこう大変そうです。
軽井沢公園(横浜市西区)

下段は静かな広場で、大通りの喧噪に背を向けて、斜面地の緑を眺められる方向にベンチが並んでいます。
軽井沢公園(横浜市西区)

上下段の間には、美しい花壇や藤棚などもあり、くつろぎの空間となっています。
軽井沢公園(横浜市西区)
軽井沢公園(横浜市西区)

ちなみに、↓の区役所のページには大型のローラー滑り台の姿が見えますが、私が訪れた時には撤去されており、かわりに細長複合遊具が導入されたようです。

西区役所による公園紹介ページ

(2013年4月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿