427/1000 月見里公園(兵庫県西宮市)

4:00
月見里公園は、甲子園球場の外野側の出入口から100mほど離れたところにある小公園です。
難読地名では「月見里」と書いて「やまなし(山がないので月がよく見える)」と読むと聞きますが、本当にそう読む地名がどこにあるのかは知りません。ここの公園名は「つきみさと公園」です。

この公園のある辺りは、以前は「月見の里」と呼ばれていたそうです(『角川日本地名大辞典』等にも出てこないので、オフィシャルな町名ではなかったようなのですが)。これが古くからの地名や小字に因むものなのかは資料不足で分かりませんが、本ブログでよく参照している日文研の所蔵地図データベースで1933年(昭和8年)の『西宮市最新地図 合併記念』を見ると、甲子園球場のすぐ南にその名が見えます。

ただ、この辺りは昭和初期に武庫川の改修でできた廃川敷を開発したエリアなので、その際の住宅地に付けられた佳名ではないかと思います。
月見里公園(兵庫県西宮市)

さて、現在の月見里公園。
住宅越しに甲子園球場のナイター照明灯がよく見えます。
月見里公園(兵庫県西宮市)

西宮市の進める「花の名所公園」計画では、サルスベリの公園となっています。
が、訪れたのが3月だったので花は花壇にボチボチと言ったところ。
月見里公園(兵庫県西宮市)
月見里公園(兵庫県西宮市)

公園内は、南側に大きく多目的広場を取り、そことは桜並木とフェンスとで区切った北側に遊具広場、蒸気機関車、地区公民館などを配しています。
月見里公園(兵庫県西宮市)

蒸気機関車C11-311号機は、全体をフェンスに覆われた檻の中に入っています。
公園内には線路や鉄橋があって、機関車を主体に置いたデザインがされています。
月見里公園(兵庫県西宮市)

とは言え、テント屋根があるので大事にされている方だとは思いますが、おそらく公園にやってきた1976年(昭和51年)から40年近く、ほとんど手入れをされていないのではないでしょうか。錆びや塗装の剥がれがひどくなっています。
月見里公園(兵庫県西宮市)
月見里公園(兵庫県西宮市)

ほかに、鉄橋の下を流れる川、 二股滑り台など、デザイン面で色々と工夫のある施設が置かれています。
月見里公園(兵庫県西宮市)
月見里公園(兵庫県西宮市)

また、いつ頃のものかは分かりませんが、地区公民館の建物もオシャレな外観です。
大きく目立つ公園ではありませんが、ちょっとずつ気の利いたものが揃っている月見里公園でした。
月見里公園(兵庫県西宮市)

(2013年3月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »