366/1000 北浜公園(兵庫県尼崎市)

4:00
No.365の三の丸公園とともに、こちらの北浜公園も今ひとつ命名時の状況がわからない公園名称となっています。
と言うのは、この公園の場所は尼崎城の外堀の一部をなし、1971年に埋め立てられた大物川と繋がっていた水路跡なのですが(下の解説板のカラー部分の一番右端)、いったい何の北にある浜だったのでしょう?
水路は南北に通っており、なにかの北側と呼ぶには難しい条件だと思うのですが...

それにしても、この絵図入りの解説板は、近世尼崎城と現在地の関係について非常にわかりやすくなっています。旧尼崎城内でも一番外れのこの公園だけでなく、No.364365のようにお城の中心に近いところにある公園にも同じような解説板があれば、城内のどの位置に当たるのかが分かって散策の縁となったと思います。
北浜公園(尼崎市)

さて、現在の公園は、遊具のある南側のブロックと、サクラの美しい広場がある北側のブロックとに分かれています。
北浜公園(尼崎市)北浜公園(尼崎市)

2つのブロックの間には一般道が通っており、ブロック間を往き来するためにはこの階段を抜けて道を渡らねばなりません。
出入口にあたる階段を、あえて細く歩きにくいものにしているのは、子供の飛び出しを防ぐための工夫だったのではないかと想像します。
北浜公園(尼崎市)

尼崎市 Web版『尼崎地域史事典』より「大物川」

(2013年1月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »