2018年3月16日

1736/1000 今川公園(大阪市東住吉区)

今川公園は、大阪市東住吉区を南北に流れる今川が鳴門川と分岐し、再び合流するまでの間の中の島にあります。


...と書きましたが、大阪市の資料などを読むと、今川と鳴門川はもともとは別の流れで、昭和20年代から30年代にかけて、付近の人口増加に対応した大改修の末、現在のような構造になったようです。
ということで、園内の北東隅に「鳴門川改修之碑」が建てられています。

こちらが公園の東を流れる鳴門川。もともとが灌漑用、治水用の堀川だったようで、今も直線です。

そしてこちらが今川。こちらは、自然の川だったそうで、今も曲がった線形をしています。

その両河川に挟まれた今川公園ですが、公園用地そのものは区画整理事業で確保されたようです。
現在は敷地の北側に多目的広場、南側に遊具広場と散策できる園地という構造になっています。

訪れた時は、とにかく子供がたくさん遊んでいて、遊具の写真はあまり撮影できませんでした。
多目的広場の横にはプレーウォール、少し離れた遊具コーナーには小さな複合遊具やブランコなどがあります。

たくさんの子供が、みな橋を渡って遊びに来る今川公園でした。

(2017年12月訪問)


EmoticonEmoticon