日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2016年11月28日

1338/1000 銘苅かりゆし公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
銘苅かりゆし公園は、那覇新都心の一角にある小公園です。
辞書によれば、沖縄方言の「かりゆし」は「めでたい、縁起が良い」などの意味を持つそうです。しかし沖縄ではかりゆしウェア、かりゆしホテル、かりゆし58など至る所で見かけるので、単に「めでたい」という状態を表すのではなく、「めでたくあれ」という願いが込められた言葉であるように思います。
なので、銘苅かりゆし公園も単に「めでたい公園」ではなく、「これから新しく開かれる町を祝う公園」として名付けられたのだろうと想像します。

全体的に草芝が敷かれた広場型の公園で、目立つ施設は白い東屋くらいです。

遊具は、こちらの回転遊具くらい。回りだすとなかなか止まらないやつです。

もう一つ用途がよくわからないのが、こちらの物件。ポールの先に輪っかが付いています。
おそらくはバスケットボール的な遊びに使えということなのだろうと思いますが、それなら素直にバスケットゴールを置いてもらった方が良いようにも思います。

No.1115 傘松公園では、崖から数メートル離れたところにある輪っかに向かってかわらけを投げ「輪の中をかわらけが通り抜ければ幸運が訪れるかも?」という遊びをしましたが、これも意外にそういう感じの遊び方なのかも知れません。フリスビーを投げると面白いかも。
No.1115 傘松公園にあるかわらけ投げの的

また、この公園で目についたのは植木鉢。
沖縄ではよくあることなのですが、植栽された中高木の成長が悪く、道沿いでは5本に1本くらいしか育っていません。それを見かねて主のいなくなった添え木支柱に植木鉢を置いて回っている人がいらっしゃるようで、あちこちに植木鉢がありました。

そんな優しい人が住む那覇新都心は、1990年代に開発されたニュータウンの割には緑道・歩道が限られており、歩く楽しさが少ない街なのですが、時々公園の横に街区をショートカットする路地のような歩道が作られています。

この公園にもそれがあり、さらに車道の側は横断歩道状に石畳が敷かれて、人が渡る場所だということを示しています。

ただ、これが公園の横50メートルだけの話で、特段にどことも繋がっていないというのが、この街の特徴です。

こんな感じで、小さいのだけれど色々と興味深い銘苅かりゆし公園でした。

(2016年3月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿