1129/100 松生公園(兵庫県西宮市)

4:00
西宮市松生町(まつおいちょう)は、西宮市西部を南北に流れる夙川の西岸にある住宅地区で、もとは川沿いに多くの松が生える土地だったようです。
その一角にある松生公園は、松ではなくシンボルツリーとしてモクレンが植えられて「花の名所」になっている小公園です。

ちなみに上写真の園名板の後ろにあるのがモクレンの樹。
その下には丸くスツールが並べられており、道行く人がちょっと一休みできるようになっています。
スツールをぐるりと並べた形状は、座板に対して無駄に足が多すぎるようにも思いますが「ただの横長のベンチではなく、木陰に丸く並べたい」という強い意思が見て取れます。

敷地は三方を道路に囲まれた二等辺三角形をしており、3つの角それぞれに出入り口があります。

その三角形の敷地の中央に丸く広場を取り、外周部に滑り台、ブランコ、ラダー遊具、回転ジャングルジムなどの遊具を並べた構造です。

滑り台は、コンクリート研ぎ出しの山遊具タイプのものと、鋼製のものがあります。
山遊具タイプのものは土管付きで、直線的に切り立った壁がクールな印象を与えてきます。

鋼製滑り台は、西宮市でよく見かける1ハシゴ2滑り部の、本ブログでは「富士山型」と呼んでいるタイプのものです。

なんとなくイモムシを思わせるラダー遊具もあります。

回転ジャングルジムは、全国で撤去が進む中、西宮市では頑張って維持しており、ここのものも、ちゃんと回転する状態で使われていました。

あと、小鳥の模様のついた水飲み場がオシャレだったので記録。

とりたてて特徴の強いわけではありませんが、コンクリート製品に気になるものがある松生公園でした。

(2015年10月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »