日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2015年8月3日

1031/1000 花園東公園(東京都新宿区)

0 件のコメント :
花園東公園は、No.1030の花園公園から小学校の建物を挟んで、北へ100メートルほど離れたところにある面積1,220平米の小公園です。

四方を道路に囲まれて独立したブロックを公園が占めており、そのうち南の2/3ほどがステージのある、北の1/3ほどが遊具広場になっています。

ステージとは言え、これといった設備があるわけでもないので、ラジオ体操の時に使えるかな~くらいのものです。きっと普段は、縁のところに腰掛けてベンチ代わりに使う人の方が多いことでしょう。

遊具広場には、幼児向けの複合遊具、揺れる動物、遊具付きの砂場などがあります。

この砂場を取り囲む遊具は、本来は屋根の付いたパイプ状のもので中に入ってトンネル遊びができるものなのですが、中が見えないところが安全上、防犯上から敬遠されることがあり、時々このように上半分が取り外されています。

No.280の東郷元帥記念公園で正しく設置されていた姿はこちら。
No.280 東郷元帥記念公園での正しい設置状態

そのほかに目につくのは、これまでの写真の随所に出てきた鉄骨の装飾物。
モニュメントと言うほどでもなく、デザイン上のハッキリした意図が感じられるものでもなく、「なんだかよくわからない」というのが率直なところです。

せめて近所の子供が「鉄骨公園」と呼んでくれていたら良いのですが。

(2015年5月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿