日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2015年3月24日

966/1000 泉尾上公園(大阪市大正区)

0 件のコメント :
No.965の南泉尾公園からは直線で700メートルほど離れ、おそらく小学校区も別だと思われる泉尾(いずお)1丁目に泉尾上公園があります。
二筋離れたところに泉尾商店街という今も賑やかな商店街があり、また市営住宅や保育所なども近いため、よく使われている感じのする公園です。

私が訪れた時も沢山の子どもたちが遊んでおり、お母さん方に無用の心配をさせてはいけないので写真は少なめです。

区画整理された地区の一角で、四周を道路に囲まれて南北に細長い敷地をしています。
南側から入った所に2本、北側から入った所に1本、大きく育ったシュロがあり、これがシンボルツリーとなっています。

面積は約2,400平米とそこそこの広さがあるのですが、まとまった広場スペースはなく、敷地全体に遊具が散らばって、全体がなんとなく遊具広場のようになっています。
これは敷地が25メートル幅くらいで細長く、ボール遊びをするとすぐに道路にはみ出してしまうため、広場を使った遊び自体がしづらい形状だということもあっての構造だと思います。

遊具は複合遊具、滑り台(大・小)、ブランコ(大・小)、鉄棒、太鼓橋遊具、フェンスに囲まれた砂場などがある、最近の大阪市街地の公園の標準的なタイプです。

公園内の写真が寂しいので、道向かいにあった病院の写真をパチリ。
戦前の建物のように思いますが、国立公文書館デジタルアーカイブにある全国主要都市戦災概況図(大阪)で確認すると、この公園の付近はギリギリ焼けたことになっているので、戦後間もなくに建てなおされたものかも知れません。

天気のいい日には、商店街で買ったお弁当などを食べるのも気持ちよさそうな泉尾上公園でした。

(2015年2月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿