854/1000 篠田児童遊園(青森県青森市)

4:00
篠田児童遊園はNo.853の西部公園から150メートルほど離れ、同じく青森駅西側の住宅地の中にある小公園です。
三方が道路に接し開放感のある公園ですが、取り立てて言うほどの特徴はありません。が、小ネタをいくつか見つけたので記録。

まず花壇に建てられた小さな札。東北新幹線が新青森まで開通した際のキャンペーンに関連して、まちの美化・緑化が進められた時に配られたものだと思われます。
それからもう4年が経つわりにはきれいな状態の札です。

同じく花壇にはホタテの貝殻。どれも土がこびりついています。
砕いて土に混ぜれば土壌改良材になりますが、ここでは貝殻の形のまま埋めたり掘り起こしたりしていると思われるので、いったい何に使っているのでしょうか。何種類かの花を混植するときの仕切りかな?

そして、この鉄棒。明らかに下に向かって折れ曲がっています。
北海道・東北の積雪地では、冬の間に道路などを除雪した雪が公園に運び込まれ、その重みで遊具が変形することがあると聞きますので、それなのかも知れません。

そういう目で見ると、ブランコの安全柵も、少し曲がっているような気がします。

円形の砂場は一面の草むらに。
ここまでなってしまったら、諦めて花壇にしても良いかも知れません。

ご近所でずっと見慣れている方にとっては何ということもない景色なのでしょうが、よそ者から見ると面白い気づきのある篠田児童遊園でした。

(2014年10月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »