日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2014年10月24日

822/1000 駒込七丁目第2児童遊園(東京都豊島区)

0 件のコメント :
前回は駒込七丁目児童遊園、今回は同じ町内にある駒込七丁目第2児童遊園です。
第1(とは付いていませんが)の方がずいぶん奥まった場所にある狭小公園だったのに対して、こちらは地区内の幹線道路に面し、面積も500平米くらいはあって、比べるとずいぶん使いやすい印象を持ちます。

道路側のフェンスが非常にしっかりしていて、普通であれば出入口として開けても良さそうな正面までふさがっているのは、公園の隣にある保育園が遊び場として使用するからでしょうか。

園内の中心にはケヤキの樹がシンボルとして配され、その周りをベンチが囲みます。
暑い時期には気持ちの良いベンチ配置です。

遊具は滑り台、ブランコ中心の複合遊具、砂場、鉄棒などがあります。

子供を遊ばせていたお母さんにお聞きしたところによれば、複合遊具のブランコは現在は通常型の座板一枚のものですが、以前はタイヤブランコだったそうです。言われてみれば、妙なところにタイヤが挟まっているあたりに名残があるような。

遊びの幅としてはタイヤブランコの方があったことでしょうが、昨今の安全重視からは仕方のない判断かもしれません。
取り替えるなら、せめてお皿型のユニバーサルタイプなど色々な子供が遊べるものになれば面白かったのですが...
No.203 新都心公園(那覇市)のユニバーサルタイプのブランコ

(2014年9月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿