737/1000 ハーバーランド公園(神戸市中央区)

4:00
ハーバーランド公園は、その名のとおり神戸港に面する再開発地区・神戸ハーバーランドの中にある小公園です。もっとも、商業施設ばかりの中心部からは離れ、地区南端のマンションや小学校がある一角にあるので、あまり目立ちません。

以前は船の形をしたでっかい砂場のある公園だったのですが、ちょうど2013年度末に全面的なリニューアル工事が実施され、海岸沿いのプロムナードとの接続、新しい遊具の設置などがおこなわれました。

公園の入口は、健康器具の置かれた小広場。
ここに限らず、たいていの健康器具は大人が運動しているよりも、子供が遊んでいる姿を見ることの方が多いのですが、私が公園を訪ねて行く時間帯が悪いのでしょうか。

本当に子供向けの遊具は、こちらのユニバーサル型遊具。単純な滑り台ではなく、登ったり、滑ったり、しがみついたり、子供の体の成長にあわせて遊び方を変えて使うことができます。

遊具の周りには、広めにウレタンブロックが敷かれていますが、施工が悪いのか、子供が引っ張っただけで外れていました(撮影後は元に戻して、踏み均しておきましたが)。
外れないまでも、継ぎ目部から砂が出てきてデコボコになっている箇所も散見されます。これでは転びやすくなるので、せっかくのウレタン舗装の意味が薄れるように思います。

港のそばなので、日除けテントもなんとなくヨット風。
おシャレですが、実際にベンチが日陰になる時間は短かいように思います。実用性には疑問というところでしょうか。

海の方には、港に眺めながら座れる円形の広場があり、そこから海岸沿いのプロムナードへと繋がっています。

プロムナードの方に出ると、観光用の水陸両用バスが海に出入りするポイントや潜水艦がやってくる造船所なんかもあって、ブラブラと散策するのも楽しいものです。

このように日常と非日常の境目あたりに位置するハーバーランド公園ですが、もうじき公園の横に214戸、そこからまたちょっと離れたところに345戸という2棟のタワーマンションが建つので、これから日常使いでのニーズが高まってくると思われます。
それまでに、ウレタンブロックは直しておいたほうが良いかも知れません。

(2014年6月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »