730/1000 伊丹スカイパーク(兵庫県伊丹市)

4:00
伊丹スカイパークは、大阪国際空港(伊丹空港)の騒音対策、周辺整備事業の一環としてつくられた高さ約7メートルの土盛りを活かし、空港を眺められる公園として整備されたものです。
管理は伊丹市なのですが、そうした特殊な目的のために実施される国・県・市の共同事業ということもあり、一般の公園と比べると盛り沢山な内容の公園となっています。

公園の基本型はこんな感じ。
画角の都合で入りきっていませんが、写真右手のフェンスの向こうが空港の滑走路。
フェンス沿いに一本道の園路が通り、そこから写真左手の方向へ盛土斜面が続きます。園路から盛土の頂上まで、おおむね60メートルくらい。
盛土の形状、園路横の広場の取り方にバリエーションはありますが、おおむねこの調子で滑走路沿いに約1キロ続く細長い公園となっています。

園路沿いが広くなって、遊び場になっている箇所が3ヵ所ほどあります。
遊び場としてのメインは、園内の北寄りにある「冒険の丘」。ネットでできた立体迷路、ローラーすべり台、便所の屋根と繋がったジャングルジムなどがあります。

園内の南寄りには、ウイングデッキ下の遊具広場。
ボーイング777の主翼と同じサイズだというデッキの下に、小さめの遊具が幾つか集まった広場があります。

当然、揺れる遊具は動物ではなく、飛行機と雲。

そして中央エントランスの下には、噴水のある石畳の広場。

そしてもう一つのお楽しみは、なんと言っても大阪空港を見下ろす丘、展望台の数々。
離発着時の滑走路内での位置、展望台の標高で飛行機の見え方も色々と変わってくるので、場所を変えてみる楽しみもあります。

中央の展望台にはフライトスケジュールも表示されており、写真撮影の方などに便利です。

そのほか、環境対策の一環ということもあり、ビオトープ池、花の丘などもあり、意外にのんびりした気分にもなれます。

しかしながら空港隣接ということもあって、安全のための禁止事項が多いのが玉に瑕。
風に飛ばされる恐れのあるテントやタープ類は使用禁止、ボール遊びやフリスビーなども禁止。おそらく凧揚げやバドミントンなども禁止でしょう。
まぁでも、そういう遊びができる公園は、ほかにもたくさんありますから。

伊丹市による公園紹介ページ

(2014年6月訪問)

Share this

Related Posts

Previous
Next Post »