Breaking News
Loading...
2017年12月7日

Info Post
武庫開公園は、西宮市の東南部、武庫川に沿った鳴尾地区の住宅地の中にある小公園です。
四方を道路に囲まれた敷地で、南向きの2/3ほどが広場スペース、北側の1/3ほどが遊具スペースになっています。

2つのスペースを区切るのは、円形の骨組みがシンボリックな休憩所。以前は屋根があったのでしょうか。
今は日除け、雨除け、風除け、いずれの働きもしない状態です。

そして遊具スペースは、東側にはブランコ、滑り台、シーソーなどがあり、西側は大きな砂場中心の遊び場になっています。

ブランコやシーソーは、西宮カラーに彩られた定番もの。

そして砂場側には、コンクリート製の土管的遊具があります。
西宮市内の古株の公園では、時々見かける形状のものです。

砂場の中には、高さの違う平面を組み合わせて階段状にした遊具。呼び名は知りません。
シンプルですが、気をつけて一段ずつ進めば幼児でも高いところまで登れるので、結構楽しいと思います。

こちらは古タイヤを重ねたシンプルな遊具。もしかすると元々はフラワーポット代わりだったかも知れません。

ところで、公園敷地の西端に高さ10メートルほどのケヤキの樹があったのですが、私が訪ねる数日前に吹き荒れた台風の影響で傾いたらしく、職人さんが伐採の真っ最中でした。

そして数日後にまた通りかかったら、すっかり切り株に変わっていました。
地面の持ち上がり具合を見ると、意外に根を広げていないという印象です。自然に育てばケヤキの根は地表部にも太く広がるのものなのですが、この場所の環境・植え方では風に耐えて立ち続けるほどに根を育てられなかったのかも。

(2017年10月訪問)

0 コメント:

コメントを投稿