日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2016年10月1日

1291/1000 アシビナー公園(沖縄県沖縄市)

0 件のコメント :
以前に宜野湾市のNo.1179 野嵩あしびな公園でも触れましたが、「あしびな」または「あしびなー」は沖縄の言葉で「遊び+庭」の意味で、村の神様・祖先神に捧げるための歌や踊りを行なう場所です。
そのためNo.1179でも公園内に常設ステージが設置され、郷土芸能の活動が色々とやりやすくなっていました。ここ沖縄市池原の集落内にあるアシビナー公園は、さらにそれが進化しており、ほぼ芸能専用という感じです。

斜面地を使った敷地で、斜面部分は観覧席、平坦地は屋根付きのステージになっています。
ステージ前のタイル敷きの部分には沿道からスロープが通じており、大型機材などの搬入も容易となっています。

角度を変えて左右から全体を見回してもこの通り。目的に対して構造がシンプルすぎて、とくに言うことが思いつきません。

ここを拠点にしているのであろう池原青年会のエイサーはこちら。
太鼓も勇壮ですが、鉦を打ち鳴らす「ケンケナー」が特徴だそうです。

(2015年12月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿