日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2014年3月4日

604/1000 合志市中央運動公園(熊本県合志市)

0 件のコメント :
熊本県合志市は旧の合志町と西合志町の合併によって2006年(平成18年)誕生しましたが、合志市中央運動公園は旧西合志町の区域にあります。旧町時代は町の中心に近かったのかも知れませんが、今はどちらかと言えば町外れになってしまっています。

公園の中央に並木の通りがあり、写真左手が多目的グラウンド、写真右手が駐車場と遊具広場になっています。

多目的グラウンドは少年野球が2面取れるくらいの規模。それほど大きなものではありません。

遊具広場の方は、滑り台などが置かれたスペースと、造成で山やトンネルをつくってあるスペースとがあり、遊具が多いわけではないのですが走り回って遊ぶのには良い感じになっていました。

遊具の中では、キリっとしたアニメ顔のライオンと、人民帽をかぶったパンダの動物遊具が目立ちます。

もう一つ目立つのは、とくに何の説明もなく置かれた車掌車。
よくわかりませんが、調べてみると国鉄のヨ8000型ではないかと思います。

今まで車掌車の内部をしっかりと見たことはなかったのですが、石油ストーブやトイレも設置されていたのですね。貨物列車の長旅には必要な設備だったのでしょう。
しかし、ここでは立入を制限するものがなにもなく、ドアは開きっぱなしでなので内部は荒れ放題。これでは悲しくなってしまいます。

車掌車に限らず、整備から年月が経ち、全体的にやや草臥れた感じが漂う公園となっています。
公園の目の前には市の総合健康センター・ユーパレス弁天がありますので、連携しながら健康づくりの拠点となれるような再整備・活用が必要なように感じました。

(2013年12月訪問)

0 件のコメント :

コメントを投稿